ご存知ですか?なぜ「脳のために栄養を摂ること」が重要なのか
脳の健康を維持しなければ「自立を失った10年」を過ごすことに!

2010年厚生労働省の発表によると、日本人の「平均寿命」と「健康寿命(自立した健康な生活が送れる期間)」の両者に「約10年の開き」があることがわかりました。この約10年間は、医療や介護の助けなどが必要な期間である可能性が高いことが読み取れます。「健康寿命」を延ばすためには、脳に必要なバランスのとれた栄養と、毎日変化のある食生活が大切であると言えます。

平均寿命と健康寿命の差
脳の成長は幼少期の食べ物で決まる

脳の基本構造は3歳頃にできあがり、5〜6歳頃までには大人とほぼ変わらない神経細胞が作られ、脳は20歳頃まで成長を続けます。その成長期に脳の発育に必要な栄養素をしっかり摂ることが重要です。成長期のお子さんやお孫さんのために毎日の食事に気を配ることが大切ではないでしょうか。

子供の脳の発育
大人も子供も将来のためにはじめよう健脳習慣
ブレインスープのおすすめポイント
健脳食材が摂れる
健脳食材とは

脳に良いと言われている食べ物をメイン食材とし、その食材の特性を最大限に生かすよう趣向を凝らしたスープとなっています。

まごたちわやさしい
まごたちわやさしい
健脳栄養成分が摂れる
ブレインスープを飲むことで、良質なたんぱく質が7g以上、カルシウムが50mg以上を摂ることができます。また、鉄分やビタミンB群などの栄養もバランスよく補えます。DHAを強化した個性あるスープもあります。
ブレインスープの健脳栄養成分とは?
カロリーは140kcal〜200kcal

主食[白飯(100g約160kcal)や食パン1枚(6枚切り約160kcal)]とブレインスープを食べ合わせた時に、カロリーが400kcal前後に抑えられるよう、ブレインスープ1杯のカロリーを設定しました。

塩分は2g以下

厚生労働省が、日本人(成人)に勧めている1日の塩分摂取の目標値は、男性8g未満、女性7g未満です。(2015年度最新版)

※本品は、お召し上がりいただくことで、疾病が治癒したり、より健康が増進したりするものではありません。

お問合せ・ご質問・ご注文はこちら 0120-003-68